サロンドロワイヤル京都

サロンドロワイヤル京都 コンセプト

世界トップクラスのショコラ

記憶に残る美味しさを

ヨーロッパ・フランスの『王族たちのサロン』の高級かつ洗練されたイメージから、
1935年創業、老舗ショコラティエとして、
日本発、和と洋を融合させた本物の美味しさをお届けしたい。

「あのお店のあの味が忘れられない」
「足を運んででももう一度味わいたい」

そう思っていただけるような店舗を目指し、
スタッフ一同試行錯誤しながら励んでおります。

サロンドロワイヤル京都

通いたくなる、非日常空間

サロンドロワイヤル京都店の一日は、ショーケースを磨き上げ、
お客様のお顔を思い浮かべながら 一席一席特注クロスを広げることから始まります。
ゆたっりとした座り心地の革張りのお椅子を並べています。
鴨川に面する壁を全面ガラス張りにした店内は、開放感溢れるラグジュアリーな空間となっており、
毎年の5月から9月末までは鴨川のせせらぎを感じながら、
当店自慢のスイーツと、こだわりの珈琲・紅茶・ワインなどのお飲み物をお楽しみいただける
川床スペース、 「カフェ床」もお使いいただけます。
贅を尽くした店内で世界トップクラスのショコラをご堪能ください。

サロンドロワイヤル京都カフェ

代表取締役社長代表取締役社長 / 前内 眞智子

歴史ある京都で美味しいチョコレートを

美味しいお菓子には、人を幸せにする力があることを信じ、歩み続けてきた長い年月の中に、とりわけ日本の古き美しき文化が連綿と生き続けている京都の地に、この度京都本店と開店することとなりました。
森鴎外の小説「高瀬川」あるいは幕末の志士、桂小五郎と幾松の伝説が静かに語り継がれる木屋町通りの路地を東へ通りぬけると鴨川に至る川端の閑静な地にチョコレートショップとカフェを設けております。 京都本店には、京友禅の和柄をモチーフとしたパッケージを使用したよりどりチョコをご用意しております。
また、2013年フランスパリで開催されたチョコレートの世界選手権にて日本代表を務めた垣本晃宏パティシェとの出会い、素晴らしい京の景感を楽しめる川床とのめぐりあいが、京都店開店への1ページとなりました。 垣本パティシェの最高級のお菓子、アビタデザイン西澤様の居心地の良い空間と、京都ならではのデザインをトータルにコーディネートしてくださったモトイデザイン事務所浅田社長に心からの御礼を申し上げます。
最後に、開店から当店をご愛顧くださっている皆様に感謝するとともに、今後とも多くの方々と素晴らしいご縁に恵まれますようお祈りして、挨拶の言葉とさせていただきます。

s店長店 長 / 日和佐 拓哉

当店ならではのおもてなし

四季折々の自然が溢れる京都の地で皆様に末永く愛されるチョコレート店を目指しております。
季節ごとのお味が楽しめる20~30種類のトリフや、彩鮮やかな10数種類のマカロンの他、こだわりの焼き菓子や京都店オリジナルのパッケージに詰めた定番人気商品もお買い求めいただけます。
また、物販スペースだけでなく、カフェスペースもご用意しております。お客様に存分にお楽しみいただけるよう、ゆったりと座れる椅子を並べ、お待ちしております。 店内でしかお召し上がりいただけないデセール(スイーツの一皿)もございますので、御足を運んでいただければ幸甚と存じます。
毎年の5月から9月末までは鴨川のせせらぎを感じながら、当店自慢のスイーツと、こだわりの珈琲・紅茶・ワインなどのお飲み物をお楽しみいただける川床スペース、「カフェ床」もお使いいただけます。もちろんそれ以外の季節でも店内でのお召し上がりができます。高瀬川と鴨川の間に位置する当店ならではの贅沢な空間です。川床の風情に包まれながら、当店こだわりのスイーツとお飲み物をお楽しみくださいませ。 皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。