おすすめチョコや通販で買うのに役立つブログ

  • 2022.05.12

    チョコレートは何歳から食べても良い?:育児から見るチョコレート

    チョコレートは何歳から食べても良い?:育児から見るチョコレート

    チョコレートは子供から大人まで、老若男女問わずに人気のお菓子です。

    そんなチョコレートですが、子供には何歳から与えて良いのかと、考えている親御さんもいるのではないでしょうか。

    ここでは、チョコレートは何歳から食べても良いのかということをテーマに、子供とチョコレートの付き合い方についてお話しましょう。

    結論:チョコレートは3歳から

    結論からいえば、子供にチョコレートを与えるのは、3歳以降が好ましいと考えられています。

    前提として、チョコレートには「何歳から食べられる」といった、明確な基準はありません。

    では、なぜ3歳以降が好ましいと考えられているのかというと、内臓機能の働きが関係しています。

    幼児の内蔵は、まだ発達していないため、脂肪分や糖分を多く含むチョコレートは、消化しにくくなっています。

    そのため、3歳未満の幼児にチョコレートを与えると、内臓に負担がかかり、体調を崩してしまうことがあるのです。

    更に、チョコレートに含まれるカカオは、アレルギーを起こす可能性がある食べ物です。

    もちろん、食べたら絶対にアレルギーを発症するというわけではありませんが、消化機能が未発達の幼児にチョコレートを食べさせるのは、あまりおすすめできません。

    3~4歳頃に消化器が大人と同じ機能を有するようになると考えられているため、この頃にチョコレートを食べ始めれば、体に悪影響が生じにくくなります。

    また、虫歯のリスクもあるので、一人で歯磨きができない時期の幼児にチョコレートを与えるのはリスクが高いです。

    これらの理由から、チョコレートを与えるのは、3歳以降が好ましいといえます。

    適量なら健康面に大きなメリットがある?

    チョコレートは、美味しいだけでなく、栄養価に優れている食べ物です。

    主な成分であるカカオポリフェノールは、抗酸化作用や免疫力を向上させる作用があるため、子供の風邪を始めとした病気の予防に役立ってくれるでしょう。

    また、糖分は疲労回復やリラックス効果が期待できるため、勉強や運動で体力を使う子供へのおやつとして優れています。

    ここで注意したいのは、「適量なら」という点です。

    過剰に食べ過ぎると肥満の原因になりますし、虫歯のリスクも高くなってしまいます。

    したがって、おやつとしてチョコレートを用意するのであれば、適量を把握しましょう。

    基本的に、おやつでの摂取カロリーの目安は、1日の総摂取カロリーの10%とされています。

    例えば、小学生の場合なら、1400~2000カロリーが1日の総摂取カロリーの目安です。

    つまり、間食だと140~200カロリーほどが、摂取量の目安となります。

    これは、板チョコの3分の1から2分の1に相当します。

    ちなみに、サロンドロワイヤルには小分けしているタイプのチョコレートもあるので、子供のおやつに最適です。

    WEB限定のプチギフトWEB限定のプチギフトは一袋18グラムなので、子供のおやつに最適な分量となっています。

    一番人時の「キャンディーコートピーカンナッツ」は100グラム555キロカロリーなので、18グラムだとおよそ99キロカロリーです。

    チョコレートの他にも、牛乳やジュースと合わせるのに適した量となっています。

    子供におやつを与える場合に大事なこと

    チョコレートは、何歳から与えても良いのかというと、3歳以降が好ましいと考えられています。

    しかし、何歳から与えても良いのかという考えと同じくらい大事なのは、おやつを用意する意味です。

    今では、純粋に味を楽しむためにおやつを食べているご家庭も多いですが、本来おやつというのは、体力維持や不足している栄養を補うという目的で始まった食習慣です。

    糖分や脂肪分は生きるために必要ですが、必要以上に取りすぎると、健康に悪影響を及ぼします。

    勉強や運動で健康的にカロリーを消費して、おやつを気兼ねなく食べられるように心がけましょう。

    歯磨きを徹底すること

    もう一つ注意したいのが、虫歯です。

    虫歯の原因菌であるミュータンス菌は、糖分を餌に増殖します。

    そして、糖分を分解する際に作られる酸によって、歯に穴が空いてしまうのです。

    粘度が高く歯に付着しやすいチョコレートは、ミュータンス菌が繁殖しやすい環境を作ってしまうため、虫歯対策は欠かせません。

    チョコレートを食べる際の虫歯対策としては、食後に30分時間を空けてから歯磨きをすることがおすすめです。

    歯磨きをきちんと行うだけで、虫歯のリスクを大幅に減らせます。

    歯磨きとうがいをして口腔内のチョコレートの食べカスをなくせば、ミュータンス菌も糖分を餌に繁殖できなくなるからです。

    子供の頃から歯磨きを習慣づけておくことで、大人になってからも歯を磨くことが苦でなくなります。
    チョコレートはもちろん、糖分を含むあらゆる食べ物に対して、虫歯のリスクを減らすことができるでしょう。

    参考
    https://www.maff.go.jp/j/syokuiku/zissen_navi/balance/required.html
    農林水産省 実践食育ナビ